京つう

  ショップ  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2016年04月15日

[出張!!京都靴景]展示靴景紹介「羽織」

4月15日(金)





イベント:[出張!!京都靴景]

日程:4月23日(土)24日(日)
時間:11時~20時
会場@三条御幸町店




今回開催させて頂く[出張!!京都靴景]は、

2015年8月に開催されたShoe Scapeさんの個展

[京都靴景]にて発表された靴を展示致します。


[京都靴景]をテーマに製作された八足の靴とその靴景観。

そのひとつひとつを順次紹介していきたいと思います。


ひとつひとつの靴・靴景観の背景にある製作意図などを


事前に知った上で実際に靴を見ていただくと、また違った醍醐味があるかもしれません。




------------------------------------------------------------------------











◆【羽織】

season:「文月」「葉月」




梅雨明けが告げられる頃、京都は夏の代名詞、祇園祭で賑わいをみせています。


蒸し暑い京都の夏の始まりですが、祇園祭のお囃子が聴こえてくるとなにやら涼を感じるものです。


そんな祇園祭のある京都の夏に合わせて、 「羽織」という靴を創りました。


スタイルはスリッポンです。

スリッポンは紐靴に比べて足を包み込む面積が少ないので、フィット感を出しにくいものですが、

できる限り足に吸い付いてくるようデザインと作りを考慮しました。


鉾に上るときは靴を脱がないといけなかったり、

昔からの家屋が残る京都の夏には脱ぎ履きのしやすさって大切ですよね。


デザインは夏羽織をはおったような、凛とした佇まい、そんなモチーフで描きました。


底は革底の角コバ。

夕立も気になる季節ですが、お祭りですから、ここは粋に革底でいきましょう。


7月に入り祇園祭がやってくると、自然と「羽織」を履き始める季節となります。


8月には「お精霊さんのお迎え」に行き、 「五山の送り火」を眺めます。

夏が過ぎるとその年の役目を終える、

そんな京都の夏の足元を支える靴となればと思います。


出典:http://shoe-scape.com/kss-haori.html


同じカテゴリー(イベント・出張販売)の記事画像
Monthly Shoe Scape 2017.7.22(Sat)
七夕夜市@三条会商店街
Monthly Shoe Scape 2017.6.24(Sat)
5月14日(日)地ビール祭京都
[イベント]Monthly Shoe Scape 2017年4月
[イベント]Monthly Shoe Scape 2017年2月
同じカテゴリー(イベント・出張販売)の記事
 Monthly Shoe Scape 2017.7.22(Sat) (2017-07-19 15:58)
 七夕夜市@三条会商店街 (2017-07-07 19:23)
 Monthly Shoe Scape 2017.6.24(Sat) (2017-06-21 19:02)
 5月14日(日)地ビール祭京都 (2017-05-13 17:03)
 [イベント]Monthly Shoe Scape 2017年4月 (2017-04-21 18:04)
 [イベント]Monthly Shoe Scape 2017年2月 (2017-02-22 17:47)