京つう

  ショップ  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2016年04月13日

[出張!!京都靴景]展示靴景紹介「雨と涙」

4月13日(水)





イベント:[出張!!京都靴景]

日程:4月23日(土)24日(日)
時間:11時~20時
会場@三条御幸町店




今回開催させて頂く[出張!!京都靴景]は、

2015年8月に開催されたShoe Scapeさんの個展

[京都靴景]にて発表された靴を展示致します。


[京都靴景]をテーマに製作された八足の靴とその靴景観。

そのひとつひとつを順次紹介していきたいと思います。


ひとつひとつの靴・靴景観の背景にある製作意図などを


事前に知った上で実際に靴を見ていただくと、また違った醍醐味があるかもしれません。




------------------------------------------------------------------------











◆【雨と涙】

season:「水無月」




陽気のよい季節も五月末あたりから梅雨に入ります。

最近は梅雨入りが遅れることも多くなってきましたが、この時期はやはり雨に気を使ってしまうものです。

そんな梅雨の季節に、「雨と涙」という靴を創りました。


雨でも気にせず履きたいですので、素材は水に強いオイルドレザーを使用しました。

底はもちろんゴム底。滑りにくいビブラム社のゴム底を使っています。

底付けの方法は「ストームウエルト」という山形形状の革帯を縫い付け、

雨が縫い目から侵入して来にくいようにしています。


淵に山形をまとったコバ周りが、オイルドレザーを使った上物と重なり合い、かわいらしいカジュアル感を演出しています。


梅雨ってじとじとして苦手な季節のひとつかもしれません。

でも梅雨明けの、雨上がりの空って気持ちがいいくらいきれいで、爽快じゃないですか?


子供の頃、思いっきり泣いて涙が枯れたあとの気持ちって

清々しかったような、そんな感覚なのかなぁと思います。


夏を迎える前に、思いっきり降ってくれたらいい。

そして気持ちのいい夏を心待ちに、雨を満喫しよう。


梅雨は紫陽花の季節でもあります。

三千院ではとてもきれいに紫陽花が咲いているので大原に行くのもいいですね。


そんな風に梅雨をとらえて、

雨の季節を楽しめる靴を創ろうと思いました。


出典:http://shoe-scape.com/kss-ametonamida.html





同じカテゴリー(イベント・出張販売)の記事画像
Monthly Shoe Scape 2017.7.22(Sat)
七夕夜市@三条会商店街
Monthly Shoe Scape 2017.6.24(Sat)
5月14日(日)地ビール祭京都
[イベント]Monthly Shoe Scape 2017年4月
[イベント]Monthly Shoe Scape 2017年2月
同じカテゴリー(イベント・出張販売)の記事
 Monthly Shoe Scape 2017.7.22(Sat) (2017-07-19 15:58)
 七夕夜市@三条会商店街 (2017-07-07 19:23)
 Monthly Shoe Scape 2017.6.24(Sat) (2017-06-21 19:02)
 5月14日(日)地ビール祭京都 (2017-05-13 17:03)
 [イベント]Monthly Shoe Scape 2017年4月 (2017-04-21 18:04)
 [イベント]Monthly Shoe Scape 2017年2月 (2017-02-22 17:47)